ネイリストになるには

年齢は関係なし!未経験からプロのネイリストになるには

わたしは、つい先日まで主婦でした。
それが、今ではネイルの資格を取得して、サロンで働いています。

 

こんなネイルアートができるようになりました!

 

わたしがネイリストになったのは、

 

「ビューティ資格ナビ」で資料請求をしたことがきっかけ。

 

 

>>ビューティー資格ナビの一括資料請求サービス(無料)はコチラ<<

 

 

「ネイルスクールに通いたい!」と思った時、わたしが分からなかったのは、
「どんなネイルスクールがあるの?オススメはどこなの?」ということ。

 

このとき、ビューティー資格ナビで一括資料請求をしておいてよかったと思います。
この情報収集が、ネイリストになるにはとっても大事なステップだったんです。

 

ネイルの資格が人気な理由

 

いま、主婦やOL女性たちの間で、ネイルの資格がとても注目されています。

 

人気はどんどん高まっていて、今や高校3年生の女子たちの間でも、
将来の進路としてネイリストを目指すのは珍しくなくなっています。

 

むしろ、ほかの美容師やエステティシャンといった美容関係の職業よりも、
ネイリストの人気が高まっているんです。

 

それには、こんな理由があります。

 

 

圧倒的な就職・転職可能率

ネイルの資格は、主婦たちの間で大人気。
その理由は、圧倒的な再就職率の高さにあります。

 

なんと、ネイリストになるには、ネイルの資格さえあれば就職率90%以上!

 

つまり年齢はまったく関係なく、
主婦であってもネイリストになるには資格さえ取得できれば、
就職先に困ることは無いんです。

 

そのため、子育てが一段落した主婦たちが、
こぞってネイルの資格取得に励んでいるのです。

 

主婦でも、年齢が高くても、ネイリストになるには関係なし!

わたしは結婚して仕事を辞めて、ずっと専業主婦をしていました。

 

子どもはいなかったので、家にいるのも飽きていたところ、
「ネイリストになるには、ネイルの資格を取得すれば大丈夫」という噂を耳にしました。

 

「主婦が再就職するのは難しい。」

 

そんな思い込みがあったのですが、
ネイリストになるにはそれほど苦労することはありませんでした。

 

ネイリストになるには、資格さえ取得すれば
年齢の高めの主婦でもまったく問題にはならない
ようです。

 

転職や、子供を産んでからの再就職にも強い!

「将来、子供を産んで、ある程度大きくなってから再就職したい」
・・・という場合でも、ネイルの資格はとっても強いんです。

 

再就職先としてネイリストになるは、
ネイルの資格があればカンタンになることができます。

 

また、

 

「転職してネイリストになるには、若くなきゃダメなんじゃないか」

 

と思いがちですが、そんなこともまったくありません。

 

というのも、今やネイルをするのは若い人だけではなく、
もっと年齢の高い女声でも、する人はたくさんいます。

 

そういった人たちに対しては、
若い人よりも、年齢や立場が同じくらいで、マナーがちゃんとしていて、
子供を持っているような人のほうが、より必要とされているんです。

 

つまり、年齢を重ねてからも、子供を産んでからも、
問題なく活躍できるフィールドがたくさん存在している、ということなんです。

 

 

>>ビューティー資格ナビの一括資料請求サービス(無料)はコチラ<<

 

 

少しでも安い費用でネイリストになるには、

「ビューティ資格ナビ」のネイルスクール一括資料請求がオススメです。

 

というのも、資料請求をするとネイルスクールの学費の割引クーポンや、
検定合格率の高いスクール案内が入っているから
です。

 

「ビューティ資格ナビ」なら、資料請求してもしつこい電話勧誘がくることはありません。

 

安心・便利・お得に情報集したいなら、「ビューティ資格ナビ」を使いましょう!

 

主婦でもネイリストになるには、必要なのは資格だけ!

 

 

主婦でもネイリストになるには、必要なのは資格だけです。

 

ネイリストになるには、資格さえ取得できれば、
就職や転職に困ることはほとんどありません。

 

それだけ、ネイルの資格があれば圧倒的に就職や転職に強いのです。

 

さらに、今ではネイル資格の専門学校やスクールでは、
就職先のあっせんサポートが付いている講座もたくさん存在しています。

 

それらを活用すれば、たとえ職歴にブランクがあったり、
こどもが小さくて長時間働けない、という主婦でも、
ほぼ例外なく就職することが可能になります。

 

わたしですらネイルサロンに就職することができたわけですから、
若い女性や、今も働いているOLさんであれば、なおさらカンタンに就職できます。

 

ネイリストになるには費用がかからない

 

就職レベルなら25〜50万円程度の費用

「ネイリストになるには、費用もそれなりに必要なんじゃないの?」
「ネイルスクールって、ものすごく高そう・・・」

 

・・・そんなイメージを当初は持っていました。

 

でも、調べていくうちに、ネイリストになるには費用がそれほどかからない
ということがわかりました。

 

ネイリストになるには、ネイルの資格取得が必要ですが、
そのなかでもっともメジャーなのが【ネイリスト技能検定試験】。

 

この【ネイリスト技能検定試験】の2級を取得できれば、
就職できるレベルの知識・技能があるとみなされます。

 

そして、この【ネイリスト技能検定試験】2級は、
なんと25〜50万円程度の費用で取得できてしまうものなのです。

 

一見するとちょっと高いように思えますが、
ほかの専門学校と通うのに比べたら、ダントツに安いことがわかります。

 

たとえば、美容師だったら、専門学校に2年通わなければなりません。
1年間に100万円の学費がかかるとすれば、最低200万円の費用は必要。

 

つまり、ネイリストになるにはたったの25〜50万円程度の費用で、
主婦でも資格ゲットから就職まで可能
なんです。

 

ネイリストになるには、費用がかかりません。
ほかの美容関係の職業で、これほど条件の良い職種はありません。

 

たとえ「2級取得の費用を出せない・・・」という場合でも、
分割やローンに対応しているネイルスクール・専門学校は山ほどあります。

 

ぜひ自分の目的や環境に合ったネイルスクール・専門学校を探してみてください。

 

ネイリストになるには、資料請求でスクール選びから!

 

 

ネイリストになるには、ネイルの資格さえあれば就職率は90%以上。

 

そのため、ネイリストになるには、年齢の高い主婦であっても、
ネイルの資格さえGETできれば一切問題ナシ!
ということなんです。

 

ネイルの専門学校・スクールの資料請求

 

資料請求をすると、こんなパンフレットが届きます!

 

確実にネイルの資格をゲットして、ネイリストになるには、
ネイルの専門学校・スクールに通うのがイチバンです。

 

というのも、ネイルの専門学校・スクールの講座には、
資格取得後の就職先あっせんサポートがついている場合が多いです。

 

確実にネイリストになるには、
こういったサポート制度がある専門学校・スクールを選ぶことが重要です。

 

就職先あっせんサポートがあるスクール・講座を見つけるためにも、
まずは「ビューティ資格ナビ」で資料請求をすることから始めましょう。

 

 

>>ビューティー資格ナビの一括資料請求サービス(無料)はコチラ<<

 

 

ネイリストになるには、検定合格の実績が豊富なネイルスクールを選びましょう。

 

「ビューティ資格ナビ」なら、就職あっせんサポートが充実した、
就職に強いネイルスクールが網羅されています!!

 

 

■Q.Aコーナー

 

〜ネイリストになるには、本当に未経験でも資格があれば大丈夫?〜

 

今、人気の就職といえばネイリストですよね。自分の趣味としても、楽しみながら仕事ができることとしても、若い世代の間でも人気が高まっています。また、お客さんの需要も増えていますので、就職先も増えてきています。そんなネイリストになるには、ネイルの資格がないと難しいのでしょうか。ネイリストになるには、国家資格のように必ずイルの資格を取得しなければなれない、ということありません。そういった面では「誰でもなれる」のですが、企業側からすれば、即戦力の人の方が欲しいですよね。そのため、ネイルの資格があれば断然有利になってきます。ですが、初心者でももちろんなれますので、「ネイリストになるにはとても難しい関門がある」、というような職種ではありません。また、仕事をしながら独学で勉強し、経験を積んでいくという人も多くいます。そういった面もあるので、転職するにはネイルの資格や経験は、思ったよりも関係がない一面もあるかもしれません。また、最近では、ネイルスクールも多く開校しています。独学ではなかなか難しいと感じる人は、そういった専門学校に通うのも良い方法です。インターネットでは、ネイルの資格について色々な情報が紹介されています。また、各専門学校の口コミやレビューも、ネイルの資格取得を目指す際には参考になりますので、ぜひ確認しておくことをオススメします。

 

〜ネイリストとして働ける職場〜

 

ネイリストとして働ける職場はたくさんあります。ネイリストは人気の職業で、多様な働き方ができます。まず代表的なのがネイルサロンです。ネイルサロンはもっともポピュラーな職場で、訪れた客に対してネイルアートを施術します。実際の現場で数をこなすことができるので、経験を重ねるには最高の職場と言えます。じっくりと時間をかけて技術力を磨きたい人におすすめで、自分のペースで経験を重ねていくことができます。ネイリストになるには、美容室やエステサロンで併設されている所で働く、という方法もあります。1美容室に対して、1人から2人程度のネイリストを雇っているケースはよくあります。ウエディング専門のエステサロンでも、ネイリストを雇っている職場があります。ただしこの場合、依頼を受けてからの対応になるので、勤務形態が不規則になります。ネイリストになるには、「講師になって生徒に教える」というスタイルでの実現方法もあります。ネイリストとして幅広い経験を重ね、豊富な知識と高い技術力、経営に関するテクニックなどが身につけば、講師として働くことが可能です。講師として働く場合は、専門学校やスクール、通信講座や通信教育の場所が職場になります。

 

〜ネイリストになるには、どのくらいの勉強と期間が必要?〜

 

ネイリストになるには、それなりに大変な量の勉強する必要があります。ネイリストになるには、専門知識の勉強を、コツコツとしっかり積み重ねて行く必要があるのです。多くの知識と経験を積み重ねることで、一人前のネイリストになることができます。ネイリストになるには、具体的にどのようなことを勉強しなくてはならないのかというと、まず、爪の構造から成長、病気や衛生管理をはじめ、爪そのものをしっかりと学ぶ必要があります。また、使用するネイル専用の絵の具や接着剤などの薬品、用品についての知識も必要です。薬剤や用品によっては、アレルギー症状を引き起こしたり、皮膚への炎症の危険性があるからです。プロのネイリストになるには、コミュニケーション能力も必要です。接客業なので、どのような接客すればお客さんに満足してもらえるようになるのかもしっかり勉強する必要があります。デザイン性も求められるので、カラーに関する知識の習得も必須です。そして、ネイリストになるにはどのくらいの勉強期間が必要なのかというと、勉強する場所や方法によって異なりますが、専門学校や通信教育の場合、基本的には半年〜2年程度の期間は必要になります。

 

〜爪の手入れだけじゃない!ネイリストの仕事内容〜

 

最近では、ネイリストを目指している人が増えています。とくに若い女性の間では、美容関係の中で1、2を争うくらいの人気の職種ともなっています。そんなネイリストですが、単に「爪の手入れをしてるだけ」というわけではありません。そこで、ネイリストの仕事内容を紹介していきたいと思います。ネイルアートは基本、爪の美容・健康を維持する目的として行われます。おしゃれだけではないということに驚きですよね。手元を綺麗に見せたいのであれば、爪の健康も大切な事です。ネイリストの仕事はネイルケアからカラーリング、爪を付けたり、作ったり、アートを施すこともあります。また、爪へ栄養を補給したりハンドマッサージも必要になります。さらには、甘皮の除去や角質を除去したり爪のケアも行います。仕事としてネイリストになるには、接客の技術も必要になります。ネイリストになるにはネイルに関しての知識も必要になりますし、もちろんアートのスキルも磨かなければなりません。意外にも色々な仕事内容があります。最近では、ネイル資格取得のための専門学校なども、全国に多くあります。そういった専門学校で学ぶ人も増えてきています。

 

皮膚医学による治療法について:首ニキビ
角質・真皮層ケアの専門知識:フェイスラインニキビいちご鼻を治す方法